ゲイ動画配信サービスのセキュリティは大丈夫?

まず、無料動画サイトのセキュリティはどうなのよ?

正直、いろいろトリックは隠されていると思います。右の画像をご覧ください。先日、hotgooを訪れた際に、Google chromeがこのような警告を表示しました。うーん、こんなに真っ赤にして警告しているくらいなので、かなりまずいんでしょう・・・。このままブラウザが警告をせずに進んでいれば、何かしらウィルス感染していたり、不正な請求などに遭っていたかもしれません。

不正な請求であれば、きちんと法律で対応すればよいかもしれませんが、ウィルス感染となると、自分のPCが壊れてしまう可能性もありますし、万が一、会社のネットワークなどに繋げていれば、そこから他の社員のPCにも感染が広がってしまう可能性があります。もちろん、情報セキュリティの部署であれば、誰が、どのようなサイトを閲覧したため、ウィルスに感染したのかは、あっという間にわかってしまいます。恐ろしいですよね~。何が恐ろしいって、エロサイトを見ていたってことより、ゲイサイトを見ていたことがバレることかもしれませんが(笑)・・・。

冗談はさておき、とにかく、ウィルス感染以外にも、勝手に新しいタブが表示されたり、画面下にエロいライブチャットが表示されたりと、危険にさらされている状態になっていることは間違いありません。もし、痛い目に遭いたくなければ、無料動画サイトには、あまりお世話にならないほうがいいかもしれません。

では、有料の動画配信サービスは大丈夫なのか?

はい。無料の動画サイトに比べたら、雲泥の差です。きちんとした会社が運営しているので安心と言えます。もちろん、100%大丈夫なのか?と言われると、回答は難しいです。なぜなら、官公庁のサイトでも、セキュリティが万全ではなかったりするのですから。

でも、無料動画サイトは意図的に悪さをするようなウィルス等が隠されている可能性があり、それに比べれば、断然にきちんとサイト運用されているはずです。そうでなければ、会員数も増えませんし、そもそも事業も成り立ちません。

また、有料動画配信サービスでは、クレジットカードの支払いがほとんどですが、きちんとSSLの環境で支払い手続きができるので、クレジット情報が漏れることもありません。SSLとは、データを暗号化して送受信する仕組みです。SSLでなければ、記入した情報は、そのままの状態でインターネット上を駆け巡りますが、SSLの場合は、万が一第三者が傍受したとしても、暗号で何が書かれているかわからないので、悪さしようとしてもできない、ということです。ちょっと難しいのですが、家がセコムしている状態って思っていただければと思います。

次は
無料ゲイ動画サイトでは、お気に入りの動画を見つけづらい
です。