なんで、ゲイ動画配信サービスは費用がドル表示のものがあるの?

海外のサイトであれば、ドル表示がほとんど

動画配信サービスで、「なんでドル表示が多いの?」と、気になっている人が多いかと思います。

それは、そのサービスが海外のサービスなのか、日本のサービスなのか、というところの違いで、海外のサービスとして発信しているものは、ドル表示になっているのです。たとえば、男銃とかエッチな0230とか。これらに共通するのは、「無修正」。そう、丸見えです。チンポも玉もすべて。それって違法?って思うかもしれませんが、海外のサービスですから問題ないんですね。その代わり、支払いも海外への支払いになるため、ドルになっている、というだけの話です。

じゃ、海外だと怪しいのか?というと、決してそんなことはありません。今や、海外サイトで買い物して、日本まで配達をお願いする人も多いかとは思いますが、その商品が動画になっているだけで、何らほかは代わりません。なので、ドル表示だからといって、怪しい、というわけではないんですね。

ただ、やっぱり不安!っていう人も多いと思います。そういう人は、はじめは、モザイクがちゃんとかかっている日本の配信サービスを利用したほうが無難です。

国内サービスと海外サービス、どうやって見極める?

URLを見ただけではわかりません。日本国内でも、.comを使えますし、海外からも.jpを使えますので。違いは、修正モノであれば国内、無修正であれば海外、っていう考えもできますが、一番はやっぱり支払いです。円かドルか。円であれば国内サービス、ドルであれば海外サービス、と考えて頂いて問題無いと思います。

次は
何を決め手にゲイ動画配信サービスを選ぶべき?
です。